サステン建築
サステンの家づくりのこだわり ウレタン吹付のメリット

HOME >> サステン建築の家づくり“7つ”のこだわり >> ウレタン吹付のメリット

サステン建築の家づくり“7つ”のこだわり


ウレタン吹付け工事

ウレタン吹付け工事とは・・・
主剤と硬化剤の2種類のウレタン原液をミキシングガンで混合し、壁面下地に直接スプレーする断熱工法です。
スプレーで吹き付けることにより、工期が短縮でき、ウレタンの特性である高断熱性能を発揮することが出来ます。代替フロンを使用することにより地球環境にも配慮した、生産合理性・環境的を適応性の高い工法です。


ウレタン吹付けの利点

しっかりと断熱・気密化された住宅では大きな4つの利点があります。
省エネ 家の内外への熱の出入りが少なくなり、冷暖房の費用を大きく減らし、
二酸化炭素の排出も少なくなります。
快 適 部屋毎の温度差などが少なくなり、とても快適になります。
健 康 窓などの表面結露の発生を抑え、ダニや花粉やホコリもシャットアウトできて
健康的です。
長寿命 外壁などの内部結露の発生を抑えます。
家を支える土台や柱の腐食を防ぎ、大切な家が長持ちします。



優れた断熱性能

継ぎ目が無く、安定した断熱効果
ウレタン吹付け工事風景 発泡ウレタンによる断熱工事は、断熱材の継ぎ目、隙間が出来ないため断熱効果の妨げになる熱のリーク・水蒸気の移動・滞留などが起こりにくくなっています。特に出隅・入隅部でも断熱材が継ぎ目無く充填されるため、部屋全体に高い断熱効果を保持することが可能です。
特別な下地材・下地造作が不要など、スプレー工法ならではのメリットを活かし、従来工法に比べて大幅な工期短縮、断熱工事のコスト低減が実現出来ます。