サステン建築
新築住宅の検査と保証

HOME >> 新築住宅の検査・保証 >> 保証内容

新築住宅の検査と保証

性能評価とは

住宅の性能を客観的な等級で表す制度

  保証内容

安心の10年保証を施工後のメンテナンスに

  検査の種類

検査の流れから種類をご説明します

  JIOシステム

木造一戸建て住宅に対して現場検査を実施するもの



保証内容

保証対象と5つの特長
住宅の引渡しから10年間は、主要構造部と雨水の浸入を防止する部分の瑕疵については、
建築したビルダー様が手直し工事をし、JIOも費用をサポートします。
保証内容
特徴1
10年後に保証を更新できます
10年後に、点検(有料)を実施し更新することができます。要補修となった場合でも必要な手直しを実施し、再検査(有料)に合格すれば10年間の保証更新ができます
特徴2
ビルダーが廃業・倒産しても
JIOが保証します
万が一、建築したビルダーが廃業・倒産した場合でも、保証期間内であれば、対象となる瑕疵についてはお客様の負担無しで保証します
特徴3
途中で売却しても保証は継続
お住み替えなどでご自宅を売却しなければならないときも、JIOの保証書が発行された住宅は、期間内であれば、譲渡・売却され所有者が変わっても保証が継続されます
*手続きが必要です
特徴4
免責期間はありません
JIOでは4回の検査を実施するため免責期間はなく、保証開始日から10年間保証いたします
特徴5
地盤と建物を一体保証
JIOは地盤も建物も自らが検査し、一体で保証します。地盤と建物の保証が別々になっていて、万が一の事故の際に責任の所在があいまいになるという心配がありません


保証部分 保証対象 現 象 保証対象外
構造体力上主要な部分
基 礎 構造耐力 沈下、不同沈下などによるひび割れ 構造耐力 沈下、不同沈下などによるひび割れ コンクリートの収縮による構造強度に支障をきたさないひび割れ、欠損、アプローチ、ポーチ、玄 関、土間、犬走り、テラスなどのひび割れ、欠損
軸 組 傾斜・ひび割れ・欠損・破断または変形 傾斜・ひび割れ・欠損・破断または変形 材質の収縮による構造強度に支障をきたさない傾斜・ひび割れ、欠損・破断又は変形。又それによって生じる建具の開閉不良
傾斜・ひび割れ・欠損・破断または変形 傾斜・ひび割れ・欠損・破断または変形 材質の収縮による構造強度に支障をきたさない傾斜・ひび割れ、欠損・破断又は変形。又それによって生じる建具の開閉不良・表面仕上材の色あせや疵
傾斜・ひび割れ・欠損・破断または変形 傾斜・ひび割れ・欠損・破断または変形 材質の収縮による構造強度に支障をきたさない傾斜・ひび割れ、欠損・破断又は変形。又それによって生じる建具の開閉不良・表面仕上材の色あせや疵
屋 根 ひび割れ・欠損・破断または変形 ひび割れ・欠損・破断または変形 材質の収縮による構造強度に支障をきたさない傾斜・ひび割れ、欠損・破断又は変形。表面仕上材の色あせや疵
雨水の進入を防止する部分
防 水 雨水のしたたり又は雨水の浸入による室内仕上面の汚損 台風などの強風時における一時的な雨水の浸入、又それに伴う室内仕上面の汚損
開口部
屋 根

 免責事項

  • 地震、噴火、洪水、津波、台風、暴風雨、豪雨などの自然現象。
  • 近隣の土木工事等の影響による予見困難な引渡し後の地盤の変動、土砂崩れなど。
  • 火災、爆発、暴動など偶然かつ外来の事故。
  • 所有者または使用者の著しく不適切な維持管理または通常予測される使用状態と著しく異なる使用による事故。
  • 自然の劣化。
  • 建築請負契約当時に実用化されていた技術では予防する事が不可能な現象、またはこれが原因で生じた事故。所有者の指図に対し、登録ビルダーがその不適当なことを指摘したにもかかわらず、所有者が採用させた設計、施工方法もしくは資材に瑕疵があった場合。または登録ビルダー以外の者の施工に瑕疵があった場合など、登録ビルダー以外の者に原因がある場合。
  • 重量車両などの通行による振動など。
  • 植物の根などの成長
  • 浴室の水漏れ、設備の不良など設備機器の工事上、製品上の不具合。
  • 入居後、JIOに届け出なく行った改装・増改築によるとき。
  • シロアリの食害による損傷等。