サステン建築
新築住宅の検査と保証

HOME >> 新築住宅の検査・保証 >> 検査の種類

新築住宅の検査と保証

性能評価とは

住宅の性能を客観的な等級で表す制度

  保証内容

安心の10年保証を施工後のメンテナンスに

  検査の種類

検査の流れから種類をご説明します

  JIOシステム

木造一戸建て住宅に対して現場検査を実施するもの



検査の種類

第三者機関による検査と保証
最初に地盤調査を実施し基礎の仕様を提案、着工後に4回の現場検査を行ないます。

検査の流れ

地盤調査と基礎仕様の提案
基礎配筋検査まずは足元をしっかりチェック!
地震に強く長持ちする家を建てるためには、建物本体を強い構造にすることに加えて、基礎が地盤の状況に合っていることが大切です。まず、地盤の特性に適合した、基礎の形状を提案するために、建設地の地盤調査をおこないます。

第1回 基礎配筋検査 基礎コンクリートで見えなくなる前に!
基礎配筋検査建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分です。コンクリートで固めてしまうと見えなくなってしまうので、その前に鉄筋の太さや配置が図面通り組まれているかをチェックします。

第2回 構造体検査 一級建築士が構造体をしっかりチェック!
構造体検査主要な構造部をJIO専属の一級建築士が細かくチェックします。家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋かい」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、木材の水分は25%以下になっているか(木造在来工法の場合)、など一般の人ではわからないチェックポイントをしっかり検査します。

第3回 外装下地検査 外装下地検査 防水を主に見る検査です!
外装下地検査外壁を貼ると見えなくなってしまう外壁下地の防水シートの重ね代が規定以上設けられているか、防水テープやコーキングが適切に処理されているかなど、雨水の浸入を防ぐ部分を主に検査します。また、断熱性を左右する断熱材が図面通りに使用されているかなどをチェックします。

第4回 完了検査 完了検査 雨水の侵入箇所をチェック!
完了検査雨水の浸入を防ぐため、外壁の防水処理(貫通配管など)やバルコニーが設計図通りになっているかをチェックします。室内のフローリングやキッチンなどの設備チェックではありません。