サステン建築
新築住宅の検査と保証

HOME >> 新築住宅の検査・保証 >> JIOシステム

新築住宅の検査と保証

性能評価とは

住宅の性能を客観的な等級で表す制度

  保証内容

安心の10年保証を施工後のメンテナンスに

  検査の種類

検査の流れから種類をご説明します

  JIOシステム

木造一戸建て住宅に対して現場検査を実施するもの



JIOシステムとは

JIOシステムとは検査の申請があった木造一戸建て住宅に対して現場検査を実施するものです。
JIO(日本住宅保証検査機構)はJapan(日本)Inspection(検査)Organization(機構)の頭文字を組み合わせた略称で、日本住宅保証検査機構が提供するサービスをJIOシステムと呼んでいます。
現場検査は、登録ビルダー(建築会社)の確かな施工及び自主的な品質検査を前提として、建築基準法、公的金融機関が定める設計施工基準をクリアしているかどうかを専門の訓練された検査員が検査するものです。
当社の新築住宅は、JIOの検査を採用しております。


JIOのメリット


メリット1
4回もの厳格な検査を実施
基礎の着工から完成まで、各工程別に後で見えなくなってしまう部分や大切なポイントをプロの検査員がお客様に代わって検査を行います。チェックシートに添って確認しますので漏れがありません。さらに、各工程別に、合格しなければ次ぎの工程に進めないシステムとなっていますので安心です。
メリット2
保証延長も可能
お住み替えなどでご自宅を売却される場合でも、JIOの保証書が発行された住宅は「保証付き住宅」として、付加価値を付けて売却できます。
メリット3
万一、建設会社が倒産しても安心
万一、建築会社が廃業倒産しても安心
多額の保証がかかる大きな瑕疵問題をしっかりサポート。万一の時での施主さまの負担を求めません。
メリット4
保証延長も可能
国の定めた「住宅の品質確保の促進等に関する法律」では、新築後10年間の保証を義務付けています。
JIOシステムでは10年後に有料で点検をし合格すれば、さらに10年間の保証延長が可能です。
この点検で要補修となった場合でも、必要な改修を行って再検査に合格すれば、10年間の保証延長ができます。
メリット5
住宅金融公庫100万円特別加算
JIOシステムによって検査・合格した物件であれば、住宅金融公庫より割増融資が受けられます。
メリット6
金融機関の金利優遇
JIOシステムによって検査・合格した物件であれば、0.2〜0.3%の優遇ローンが受けられる銀行があります。



JIOシステム(住宅保証検査)終了後には保証書を発行


住宅保証検査とは、完成引渡し後の10年保証をバックアップするシステムです。
まず、着工前に地盤調査を行い、適切な基礎仕様を提案します。そして工事中は4回の現場検査を通し、
「欠陥のない住まい」を実現します。検査は、専門に訓練された検査員が行います。

建物の完成後は見えなくなってしまう基礎や構造体部分もきちんと確認できるように、
検査結果はすべて写真入り報告書でお渡しします。すべての検査に合格で保証書を発行いたします。
ジオシステム(住宅保証検査)終了後には保証書を発行
最初にすべての現場の地盤検査を実施し、 建築後に不同沈下などの欠陥が発生しないような
基礎の使用を提案します。

着工したら、基礎の鉄筋などを検査する「基礎配筋検査」
屋根や壁を支える土台や柱などが図面通り施工されているかを検査する「構造体検査」
壁内の防水処理を見る「外装下地検査」
外壁のコーキングやベランダなどの防水処理を中心に検査する「完了検査」
の4回の現場検査を実施。 欠陥住宅の発生する隙をつくりません。