サステン建築
新築住宅の検査と保証

HOME >> 新築住宅の検査・保証

新築住宅の検査と保証

性能評価とは

住宅の性能を客観的な等級で表す制度

  保証内容

安心の10年保証を施工後のメンテナンスに

  検査の種類

検査の流れから種類をご説明します

  JIOシステム

木造一戸建て住宅に対して現場検査を実施するもの



性能評価とは

10個の評価基準で住宅の性能をはかります。
新築住宅の性能評価って何?
国土交通大臣の登録住宅性能機関が、法律に基づき住宅の性能を客観的な等級で表す制度です。
性能評価とは 構造の安定 火災時の安全 劣化の軽減 維持管理・更新への配慮 温熱環境 空気環境 光・視環境 音環境 高齢者等への配慮 防犯

1.構造の安定

地震・風・積雪に対しての建物の強さを評価します。

2.火災時の安全

火災の早期発見のしやすさ、外部からの延焼に対する耐火性を評価します。

3.劣化の軽減

柱や土台の劣化の進行を遅らせるための対策を評価します。

4.維持管理・更新への配慮

排水管・水道管・ガス管の点検・清掃・修繕のしやすさを評価します。

5.温熱環境

建物の冷暖房を効率的に行う為の断熱などの省エネ対策を評価します。

6.空気環境

室内への有害物質の発散量、換気対策を評価します。

7.光・視環境

室内の明るさを、部屋の広さに対する窓の大きさの割合で表示します。

8.音環境〈選択項目〉

外部からの音に対する遮音性能を評価します。

9.高齢者等への配慮

高齢者や子供が暮らしやすいよう、バリアフリーの程度を評価します。

10.防犯

犯罪者が住宅に侵入しないよう、開口部に対策がとられているかを評価します。